読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あびすメモ

にわかがぼちぼち語ります Twitter→Malacoda_abyss

新ルール移行

新ルールが出ましたね

ルール変更点と環境入りしそうなデッキを簡単にまとめました

変更点は、
★サイバース族、リンクモンスター、リンク召喚追加
★Pゾーンが消滅、魔法罠ゾーンの左右端に統合
★EXモンスターゾーン新設で追加
★モンスターゾーンがメインモンスターゾーンに名称変更

 

変更後何が大きく変わるかと言うと、ソリティアするデッキが死にました。

クリスタルウィング、クェーサーなどを出すジャンド民などのデッキが多数ダメージを受けました


f:id:Mist_abyss:20170217213848j:image

従来ではモンスターゾーンでシンクロやエクシーズを展開し並べる。という感じでしたが、エクストラから出るモンスターはEXモンスターゾーンに出すことになるからです。

(間接的にリンクモンスターを出せば大量展開も出来るらしい)

 

またペンデュラムゾーンの位置が変わり、魔法罠ゾーンの左右に来ました。普通では魔法罠ゾーンとして扱うが、Pカードを置くとPゾーンとして扱う。ということらしいです。

(つまりPゾーンにカードを2枚置くと通常の魔法罠は3枚まで)


f:id:Mist_abyss:20170217212922j:image

このような枠が書かれたマットは何のために刷られたのか…

 

本題のルール変更後環境入りしそうなデッキなのですが、エクストラデッキに依存しないデッキなのではと予想しています。

十二獣は今回のルール改訂で大ダメージを受けたかと思うので自分的に難しいのではないかと思います。

 

変更後環境入りしそうなデッキ

★帝

★ノイド

★ライロ

★Kozmo

★堕天使

★クリフォート

★影霊衣

★真竜

 

思い付き次第順次追加していこうと思います

また、リンク召還も詳しくこちらとは別にまとめて行こうと思います

 

 

 

なんでまた?エンシェントリーフ

今回は今話題になっているエンシェントリーフについて少し。


f:id:Mist_abyss:20170128111629j:image

 

何故今このカードが高騰しているのかというと、マスタールール4への変更点の1つとして

初期ライフ12000

という噂が流れているからです。

 

これがもし本当ならかなり色々な事が変わると思います。

 

僕の場合、エンシェントリーフ以外にもデビフラ2回使えるやんけ!ってことも考えていました。

 

…さて、このエンシェントリーフですが、

 

①ターン1制限がない

②初期ライフから2回は打てる

③最早強欲な壺

 

などの強みがあると思います

 

現在、灰流うららの登場により強欲で貪欲な壺が打ちづらくなっていると思われますが

エンシェントリーフなら損害はあまりなさそうです。

 


f:id:Mist_abyss:20170128112520j:image


f:id:Mist_abyss:20170128112611j:image

 

平均価格も軒並み上がっていたようです。

 

ちなみにエンシェントリーフは過去に1度アロマージの影響により高騰していました。

もし本当に新ルールに移項したらアロマ民とばっちり受けるんですね…

 

問題はライフ変更の噂が本当かどうかだと思います。

 

ちなみに僕は信じていません。

しかし、新ルールへの移項があるとしたら3月25日から施行なのであと1ヶ月くらいしたら出るのかな?と思います。

 

またネタが出来たら何か書こうと思います

 

新規入り冥府ネクロ

シャドウバースがアップデートされ、新規パック、ダークネスエボルヴが追加されました。その中でも冥府ネクロで使えそうな以下のカードが追加されましたので紹介します。

 

構築後ランクマッチで試したのですが勝率は7割程度です。


f:id:Mist_abyss:20160930233206j:image

死霊の宴

アミュレット カウントダウン2

ファンファーレ:墓場+13

ラストワード:墓場を0にする

 


f:id:Mist_abyss:20160930233339j:image

スパルトイソルジャー

フォロワー 3/1/4

守護

ラストワード:墓場+2

 

死霊の宴は主に冥府を使うための墓地が貯まらないときのために採用してみました。17貯まってる所で発動すれば冥府が使え、一時的に相手のプレイヤーやフォロワーに奇襲をかけることが可能です。しかしカウントダウンが短いため使いどころが難しいカードでもあります。

冥府と一緒に使う場合先に冥府を出しておき、発動すると良いかもしれません。

 

使った第一の感想としては13はでかい!

 

早ければ6ターン目には15/15のデスタイラントが使えちゃいます。

 

スパルトイソルジャーは守護持ちで墓場を肥やせるため採用しました。同じステータスでシールドエンジェルがありますがネクロマンサーには圧倒的こちらの方がおすすめです。序盤を耐えたり、スカルコンバージョンのコストとしてもいい動きをしてくれます。

 

この2枚を採用したレシピです。


f:id:Mist_abyss:20160930235004j:image

デスタイラントが活躍する場面が多くなったので冥府を減らしてみました。

他のカードの採用理由は過去の投稿をご覧ください。

 

http://mist-abyss.hatenablog.com/entry/2016/09/05/200144

 

まだまだ構築、プレイングが下手ですが少しずつ頑張っていきますのでアドバイスなどよろしくお願いします。

 

ではでは

2016/10/1~禁止制限予想

今回は10月より施行されるリミットレギュレーションについて予想してみました。


f:id:Mist_abyss:20160912201704j:image

 

始めに、この予想は他の方の予想のリストを参考にしたりして私が独自に予想したものなのでご承知の上ご覧ください。

 

まずは新禁止カードについての予想です。

○ソウルチャージ

○レベルスティーラー

○虚無空間

 

☆理由について

 

ソウルチャージ

➡バトルフェイズ放棄とはいえ先行で使えば相手を完全に封殺できるパワーカード。今年の世界大会でも活躍していたカードで、HEROの全盛期で猛威を奮っていたこともあり、盤面を簡単にひっくり返せるカードのため。

 

レベルスティーラー

➡主にシンクロダークで先行盤面を立てるために使われたカード。今のカードプールなら墓地へ送ることはとても容易なことであり1枚でも墓地へ送られたとたん、ソハヤやライブラリアンと共にてんとう虫のサンバが始まります。ターン1制限すらもない壊れカードなのでそろそろ禁止かなと。

 

虚無空間

➡先行でセットしたりして返しの相手を封じる罠カード。自壊もするが、後攻ではSSなしで相手のカードを墓地へ送ることは難しく、先行Pが好きなタイミングで壊してまた展開が出来るカードなので。

 

次に新制限カードについての予想です。

○SRベイゴマックス

○DDスワラルスライム

○マジェスペクターユニコーン

○復活の福音

○ドラゴン目覚めの旋律

○BF朧影のゴウフウ

 

☆理由について

 

SRベイゴマックス

➡このカード1枚でエクシーズしたりシンクロしたりでき、また幻影彼岸で使用されるだけでなく【帝】、【堕天使】、さらに世界大会ではマドルチェにも採用されていました。

ベイゴマックスの下位互換のようなWWのカードも出たのでそろそろ制限に来るのでは。

 

DDスワラルスライム

➡手札からきってスタートし、テムジンからサイフリートやクリスタルウィングを立てるためのキーカード。ラミアも制限かと予想しましたがスワラル1枚を制限にして様子見かなと。

 

マジェスペクターユニコーン

➡主に純マジェだけでなくメタルフォーゼで活躍していました。対象にとられず効果でも死なず自分のPモンスターと相手の効果モンスターを手札に戻すバウンス効果も兼ね備えており、ラクーンからも簡単にサーチが可能なため。1枚でもPゾーンに置いてしまえばもう出てこなくなるため準制限ではなく制限の予想です。

 

復活の福音

対象をとらずドラゴン蘇生、墓地から除外で破壊耐性もつけてしまうメリットしかないカードなので。

 

ドラゴン目覚めの旋律

手札1枚をコストにドラゴン2枚を持ってくるカード。青眼ではこれにより亜白と青眼を持ってこれ、前述でも示した福音もコストにすればその後出す亜白が耐性を持ってしまうコストをメリットに変えてしまうようなカードのため。

 

BF朧影のゴウフウ

➡【シンクロダーク】【帝】【メタルフォーゼ】で採用されていたカード。SS時にトークンを二体出しメタルフォーゼなどではトークンを破壊することによりサーチ、帝ではゴウフウをリリースしてクライスを出しトークン破壊で2ドロー、真源とエクシーズしたりアルティマヤを出したり、アドが簡単にとれるカードなので制限にいくのではと思います。

 

準制限カードについての予想です。

○真帝王領域

○地獄門の契約書

○神の通告

 

☆理由について

 

真帝王領域

➡エクストラメタとして使われてきましたが帝の使用率も減り、準制限くらいにはなるかと。

 

地獄門の契約書

➡DDのサーチカード。流れを促成させる1枚とはいえスワラルが制限にいくのなら準制限で充分だと思います。

 

神の通告

➡1500払えばモンスターのSS、効果を無効にして破壊するカード。最近のデッキではほぼ採用されており汎用性も高くライフコストも少し緩い気がするので規制がかかるのではないかと思います

 

緩和枠についてですが、サウサクやクリッター、かつての禁止カードがエラッタされて返ってくるのではないかと睨んでいます。

 

理由も選定も独自のもので稚拙な部分もあったかと思いますが、ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

このカードはどうか?などありましたらよろしければリプをください。他の方も意見もお聞きしたいのでよろしくお願いします。

 

 

 

冥府ネクロについて

今回は遊戯王とは少し離れてシャドウバースの冥府ネクロについて書こうと思います。

 

また、あくまでこれは僕の構築なのでそこを踏まえてご購読ください。

 

冥府ネクロとは墓場を肥やして戦うネクロマンスと墓地の枚数が30枚以上で自分のターンエンドごとに相手に6ダメージを与える冥府への道を組み合わせたデッキです。

 

冥府への道はネクロマンスだけでなくエルフやウィッチでも使われており、大部分の人は冥府エルフとして使っている方も多いと思います。しかし冥府エルフはプレイングセンスがかなり問われるので、楽しそうだけど難しそう…という方も多いでしょう。

 

今回はそんな方向けのデッキです。ネクロは墓場肥やしカードが豊富なため初めて冥府を使う方も比較的使いやすいと思います。

 

ではデッキレシピです。


f:id:Mist_abyss:20160905192307j:image

簡単ですが採用理由は以下の通りです。

 

☆スカルビースト➡ラストワードで墓場+1

スカルコンバーションとの連携も安定

 

☆集団埋葬地➡自分のエンドごとに墓場+1

コスト1でアミュレットなので墓地が安心して肥やせる。

 

☆光の道筋➡1ドロー。他の効果で捨てられたら1ドロー

単純に運命で捨てると+1ドローされたり冥府を引き込むため。

 

☆スパルトイサージェント➡ファンファーレで墓地+1

序盤の墓場肥やし。これは3枚必須だと思います。

 

☆スパルトイ➡自分のエンドごとに墓場+1

集団埋葬地のモンスター版。序盤は埋葬地と一緒にこれで墓場を肥やす。

 

☆腐の嵐➡相手フォロワー全てに1ダメージ。ネクロマンスで3ダメージに変化。

ロイヤル対策、数で押されると厳しいため1枚のみ採用。

 

☆エルダースパルトイソルジャー➡ファンファーレで墓場+2

スパルトイサージェントの上位互換。

 

☆デスタイラント➡疾走、ネクロマンス20で+10/+10

冥府が来ないときのための裏の切り札。フィニッシャーとしても大活躍するカード

 

☆ソウルコンバーション➡自分のフォロワー1体破壊で2ドロー。

墓場肥やしと手札肥やしを両方できるカード。

 

☆ベルエンジェル➡守護、ラストワード1ドロー

冥府を立てた後の疾走を防ぐ守護、序盤も手札肥やしとして活躍、ソウルコンバーションで追加ドロー。

 

☆新たなる運命➡自分の手札を全て捨て、捨てたぶんだけドロー。

墓場を一気に増やせるのと手札交換、冥府を引くため。

 

☆スカルウィドウ➡ラストワードで1ドロー

ソウルコンバーションで破壊して追加ドローするため。

 

☆ソウルハント➡相手フォロワーに3ダメージ、墓場+1

単純にフォロワー除去が少ないため。追加効果の墓場+1もオイシイ。

 

☆冥府への道

このデッキの切り札。30枚ためるのは大変だし出すタイミングも重要。決まれば爽快。ほぼほぼ勝てる

 

デュラハン➡進化で墓場+4

墓場肥やし促進役。ステータスもそれなりにあるし中々強い。

 

 

 

このデッキのポイントは墓場を増やすカードを中心に入れること、フィニッシャーが冥府だけでなくデスタイラントで最大15ダメージも与えられるところです。しかしネクロでのネクロマンスという効果は墓地に指定の枚数があったらそれらの枚数をコストに強制的に効果が発動されてしまうということです。

やっとこ30枚たまって冥府を発動するときに腐の嵐などを使ってしまうと、墓場が減ってしまいます。なのでこのデッキではネクロマンスは腐の嵐とデスタイラントしか採用しておりません。

 

そしてこのデッキを作る上での最大のポイントはレジェンドカードが必要ないこと。最大でゴールドで済むので組みやすくはなっているとは思います。

 

しかし墓場が30枚あって冥府を立てても疾走や体力7以上で耐えられるのでは…と思う方もいると思います。

 

そんなときに活躍するのがこのカード!

⬇⬇⬇

 

 

 

 

 
f:id:Mist_abyss:20160905195347j:image

残骸爆破です!発動条件は冥府と同じなのに相手に3000ダメージ!ライフ20という設定を完全に無視したぶっ壊れカードです。

 

最後に

冥府デッキは基本的に難しいデッキです。

自分も運命で7枚捨てたときに1枚も冥府来ないってくらいに引けないこともあります。

ですが冥府が決まれば達成感が得られるいいデッキだと思います。

 

ネクロで慣れたらエルフやウィッチでも組んでみてください。ネクロとはまた違う動きでとても楽しいと思います。 

 

 

 

 

 

アリアドネと神の摂理

こんばんは

今回は、今話題になっている【神の摂理】という罠について

また出ました。神の○○シリーズ。

今回はいくら払ってどんな効果を無効にできるのか…?


f:id:Mist_abyss:20160819230641j:image

ライフコストではない?

今回は手札1枚がコストのようです。モンスター魔法罠幅広く無効にでき汎用性が高いですが、無効にしたいカードの種類に合わせて捨てないといけないため若干使いにくそうに思えます。

 

しかし…そんなお悩みを打ち消してくれるアイツがいる…

 

そう、アリアドネですね。

戦闘、効果で死ぬとカウンターを持ってきたり、スケールにいるだけでカウンター罠のコストを踏み倒せる強欲天使ですね。

 

海外ではアリアドネがいれば摂理のコストを踏み倒せる裁定が話題になっています。

 

つまりノーコストで全ての効果に対処出来るということですね…。

通告の時もそうですがラスP、眼差しから大量に神様湧き出てきます。

自分としては恐らくノーレア程度かなと予想しています。

 

しかしKONAMIアリアドネの存在を分かっていてカウンター罠を開発しているのだろうか…。

もう神の○○シリーズで「アリアドネと愉快な神様デッキ」作れそうやろ…

 

神の宣告「今は採用されにくくなってるけどまだ働けるで」

神の警告「今でも結構使えるで」

神の忠告「発動条件めっちゃムズい上に3000LPって…」

神の通告「1500でモンスター効果にも対処出来るよ!」

神の摂理「ライフコストなんぞ古い!」

 

???「ワイもライフコストいらん神様やで!」

宣告・警告・忠告・通告・摂理「!?」


f:id:Mist_abyss:20160819232732j:image

神の威光「ワイも忘れんといて!」

 

そう、神の○○シリーズにはまだ神様はいたのです。アリアドネに神様トラップ組むときは是非とも彼を採用してあげてくださいね!

 

カウンター罠ではないことは気にしない)

(果たしてこの罠を覚えていた方がどのくらいいるのだろうか…)

 

皆さんはアリアドネみたいに神様に逆らわずきちんとライフは払いましょう。

  

ではでは